ナビゲーションを読み飛ばす

さいたま市議会インターネット議会中継

録画中継再生

※会議の録画映像をご覧いただけます。

  • 平成31年2月定例会
  • 2月12日 ◇代表質問(1日目) 他
  • 自由民主党さいたま市議会議員団  中山 欽哉 議員 
1市民の安心のための市民健診について
(1)現場や市民の声などの調査が必要ではないか
課題調査のアンケートや研究について
(2)受診申請書の記入書式がなぜバラバラなのか
市民サービスに徹底して記入書式の統一は出来ないか
(3)受診しやすい環境整備について
2子育て支援のための学童保育について
(1)働く保護者がゆとりをもって利用できる運営面での恒常的システムの構築について
(2)指導員が情熱をもち働き続けられるよう委託金の大幅増額について
(3)やまばと学童の交通安全対策と街路灯増設について
(4)片柳小学校の空き教室は学童で使用できないのか
(5)片柳学童のトイレはなぜ改修工事がされなかったのか
今後のトイレの施設改善計画について
(6)えびっこ学童のトイレの増設について
(7)えびっこ学童での月末退所、月初入所など保護者家庭や低学年児童への余裕を持った対応を
(8)大谷学童の学校周辺の交通安全対策と公園整備について
(9)AED設置や防災用品の公費整備について
(10)春野学童の交差点の交通安全対策と樹木剪定と街路灯増設について
(11)学童保育施策整備の際には父母会・連絡協議会の声も十分に反映することについて
3子どもの安全のための学校敷地内における受動喫煙防止対策について
(1)学校敷地内禁煙の責任は教育委員会か校長のどちらが責任を持つのかについて
(2)平成26年9月の代表質問で答えたアンケートは実施されたかについて
平成29年2月の代表質問で答えた実態把握の調査は行われたのかについて
(3)決算特委の総括質疑答弁「早急に全教員の喫煙率実態を調べる」、「児童生徒の健康を害することのないようにすることが、なにより大切なので実態調査する」対応について
(4)4年半経過しての報告という議会に対する対応について
(5)学校敷地内禁煙に市教育委員会は、どう理解し取り組んでいるかについて
(6)学校は、子どもたちが環境被害や健康被害を受ける場所ではない。喫煙による有害物質が敷地内で発生することについて
(7)「子どもたちの健康を守り、子どもたちの生き方の手本となる姿勢を示すべき」教育委員会が示すべき今後の方針と見解について
(8)市民生活を守るトップリーダー清水市長の見解について
前のページに戻る