ナビゲーションを読み飛ばす

さいたま市議会インターネット議会中継

議員名から選ぶ

※検索結果一覧

さいたま市議会自由民主党議員団
中山 欽哉 議員
  • 令和3年6月定例会
  • 6月14日
  • ◇代表質問(1日目)
1.市のワクチン接種事業に対するマンパワー確保について
(1)人材確保の現状について
(2)ナースセンターの活用について
(3)学生の学校での集団接種について
2.ケアラーへの支援について
(1)基礎自治体におけるケアラー支援の必要性について
(2)さいたま市ケアラー支援条例の制定について
3.受動喫煙による健康被害防止について
(1)なぜ受動喫煙防止に関する条例制定しなかった原因は何なのか
(2)駅周辺の喫煙場所閉鎖でタバコ愛好者たちはどこで吸っていたか。周辺環境はどうなっていたか把握しているか
(3)路上喫煙は増えていたのか調査結果を聞きたい
(4)指定喫煙所は現在開放しているのか
(5)指定喫煙所の緊急閉鎖にあたり「こういう状況なのでご協力いただきたい」は誰に向けた協力のお願いだったのか
(6)タバコを吸わない市民の健康被害の防止策を講ずることなく閉鎖したのか
(7)遅れても市民に健康被害が及ばないような対策は行ったのか
(8)タバコを吸える場所を作ることは禁煙のチャンスを奪っているのではないか
(9)喫煙場所の建設に関して日本たばこ産業に相談したり協力をもらっているのか
(10)日本たばこ産業と自治体は利害関係者になるのか、ならないのか
(11)喫煙場所の近くに住む市民に対する対応や支援について
(12)都市公園内における幼児母子など市民の受動喫煙被害について
4.コロナ禍における災害 強い都市づくりについて
(1)新型コロナウイルス感染症に対応した避難所について
(2)二次避難所について
(3)在宅避難にシフトし家庭や企業に対する支援や補助に力を入れる段階ではないか
(4)避難行動要支援者名簿掲載の要支援者に対する個別支援プランの作成についてどう考えているか
5.ドライバーも自転車も歩行者も迷う宮前インターチェンジの改善について
(1)自転車利用者などの市民目線での改善について
映像を再生します

自由民主党さいたま市議会議員団

  • 令和2年2月定例会
  • 2月12日
  • ◇代表質問(2日目)
1市内の受動喫煙防止対策について
(1)第一種施設とされるものはどれか
(2)市役所、区役所における受動喫煙防止対策について
(3)公民館、コミセンなどの公共施設における受動喫煙防止対策について
(4)消防署・分署、水道局、関連する各施設などにおける受動喫煙防止対策について
2 4月に実施される改正健康増進法について
(1)4月の第二種施設への対応準備進捗状況、市民意識調査結果などについて
(2)市報、ホームページ等による市民への情報発信について
3学校での受動喫煙について
(1)学校の敷地外も含めた受動喫煙対策の運営ルールについて
(2)学校ごとに違いがあるなどの足並みの乱れについて
(3)教育委員会が考える敷地内禁煙の定義について
(4)改めて児童生徒、教職員同士の受動喫煙防止に対する考えについて
(5)学校敷地内外を問わず勤務時間中の禁煙を徹底することについて
4さいたま市における喫煙予防教育について
(1)小・中・高校生に学校現場で行う「喫煙防止教育」について
(2)市立小・中・高校の児童、生徒の喫煙が発覚した、直近3年間の人数の推移と対応について
(3)児童、生徒の家庭での受動喫煙防止対策について
 ①家庭での受動喫煙を防ぐための保護者向け啓発について
5学校教育のICT化について
(1)教育現場におけるICT環境の整備について
 ①3クラスに1クラス分のパソコン整備の費用について
 ②国の施策を活用し、ひとり1台の配備をすることについて
(2)教員のICTを活用した指導力の向上について
 ①教員の指導力向上に向けた取り組みについて
 ②ICT環境を最大限活用するための取り組みについて
6教職員名簿の公開について
(1)具体的な公開日程と公開範囲について
7教職員の採用状況について
(1)メリット、デメリットについて
(2)本市の教職員の採用状況について
8学校の空き教室の活用について
(1)放課後児童クラブの待機児童解消について
9学校のエアコンの整備について
(1)令和2年度以降の整備スケジュールについて
(2)エスコ事業を活用した資金調達の予定について
10学校の遊具について
(1)学校遊具の修繕等のスケジュールについて
11公民館の現状について
(1)市内全公民館の多目的トイレの現状について
(2)公民館の障害者用駐車場について
(3)エレベーター設置工事スケジュールと対応について
12市長部局と教育委員会の連携について
(1)担当となる所管同士のさらなる連携を図ることについて
映像を再生します
  • 平成31年2月定例会
  • 2月12日
  • ◇代表質問(1日目) 他
1市民の安心のための市民健診について
(1)現場や市民の声などの調査が必要ではないか
課題調査のアンケートや研究について
(2)受診申請書の記入書式がなぜバラバラなのか
市民サービスに徹底して記入書式の統一は出来ないか
(3)受診しやすい環境整備について
2子育て支援のための学童保育について
(1)働く保護者がゆとりをもって利用できる運営面での恒常的システムの構築について
(2)指導員が情熱をもち働き続けられるよう委託金の大幅増額について
(3)やまばと学童の交通安全対策と街路灯増設について
(4)片柳小学校の空き教室は学童で使用できないのか
(5)片柳学童のトイレはなぜ改修工事がされなかったのか
今後のトイレの施設改善計画について
(6)えびっこ学童のトイレの増設について
(7)えびっこ学童での月末退所、月初入所など保護者家庭や低学年児童への余裕を持った対応を
(8)大谷学童の学校周辺の交通安全対策と公園整備について
(9)AED設置や防災用品の公費整備について
(10)春野学童の交差点の交通安全対策と樹木剪定と街路灯増設について
(11)学童保育施策整備の際には父母会・連絡協議会の声も十分に反映することについて
3子どもの安全のための学校敷地内における受動喫煙防止対策について
(1)学校敷地内禁煙の責任は教育委員会か校長のどちらが責任を持つのかについて
(2)平成26年9月の代表質問で答えたアンケートは実施されたかについて
平成29年2月の代表質問で答えた実態把握の調査は行われたのかについて
(3)決算特委の総括質疑答弁「早急に全教員の喫煙率実態を調べる」、「児童生徒の健康を害することのないようにすることが、なにより大切なので実態調査する」対応について
(4)4年半経過しての報告という議会に対する対応について
(5)学校敷地内禁煙に市教育委員会は、どう理解し取り組んでいるかについて
(6)学校は、子どもたちが環境被害や健康被害を受ける場所ではない。喫煙による有害物質が敷地内で発生することについて
(7)「子どもたちの健康を守り、子どもたちの生き方の手本となる姿勢を示すべき」教育委員会が示すべき今後の方針と見解について
(8)市民生活を守るトップリーダー清水市長の見解について
映像を再生します
  • 平成29年2月定例会
  • 2月14日
  • ◇代表質問(2日目)
1安心安全な市民生活のために
(1)真の市民サービスとはなにか
①生活道路について
②多発・多様化するイベントについて
③市民が真に望んでいるものとは
(2)街路灯LED化について
①市民の要望に即応できない現状について
②街路灯の管理・運営について
(3)消防力を含む防災対策について
22020東京オリンピックに向けての取り組みについてどのように考えるのか
(1)屋内における受動喫煙防止対策について
①飲食店の喫煙区分や情報発信などの受動喫煙防止対策について
②国の法案を踏まえた本市の取り組みの方向性について
③無煙タバコや電子タバコに対する見解について
(2)屋外における受動喫煙防止対策について
①路上喫煙禁止区域指定の駅周辺の分煙対策について
②占用許可など道路管理上の課題について
(3)市職員などの喫煙について
①職員の喫煙率に変化はあったのか
②市民満足度、職員の健康管理の観点から、勤務中の喫煙に対する考え
(4)学校教職員などの喫煙について
①学校教職員の喫煙率に変化はあったのか
②市民満足度、教職員の健康管理の観点から、禁煙外来のすすめなどの勤務中の喫煙に対する考え、喫煙場所などの喫煙者に対する配慮の考え
3教育行政について
(1)市長の学校訪問について
①市長の見解について
②教育委員会の見解について
③学校関係者の見解について
④総合的な効果や影響について
映像を再生します
前のページに戻る